ミトコンドリアで疲れやすい体質を改善!疲れにくい体を作る5つの方法

  • HOME
  • ブログ
  • 健康
  • ミトコンドリアで疲れやすい体質を改善!疲れにくい体を作る5つの方法

はじめに

「長時間寝たのに疲れが取れない」
「年齢を重ねるごとに疲れやすくなった」
「体が重くてだるいと感じる」

このような症状はございませんか?
実は、これらの症状の改善に効果的と言われているのが「ミトコンドリアの量」です。しかし、ミトコンドリアという名前は聞いたことがあるものの、実際にどういう効果があるのかわからない方も多いと思います。そこで、この記事では、「疲れやすい体質を改善するためにミトコンドリアを増やす5つの方法」を「疲労が取れない原因は?」に触れながら紹介いたします。

1.疲労が取れない原因は?

疲労が取れない方は、まず、自分の疲労の種類を知ることから始めましょう。
一般的に疲労は、大きく分けて次の2種類があります。

肉体疲労:力仕事などの肉体を酷使した疲労
精神疲労:ストレスなどの精神を酷使した疲労

もし、あなたが肉体疲労の場合は、睡眠の時間や質を意識してしっかり休息を行うことで緩和されます。その一方、精神疲労の場合は、運動や自然に触れるなどの気分転換を行いましょう。
しかし、中には、睡眠や気分転換を行っても疲れが取れない方もいると思います。その方は、「脳(自律神経)」が疲れているのです。その場合は、なぜ人は疲れるのかの原理を知り、体質から改善していかなければなりません。

「では、人がなぜ疲れるのでしょうか?」

それは、人は、仕事や運動などを行うときに交感神経が活発に動くことで、活性酸素が増えます。この活性酸素が体のエネルギーを生み出すミトコンドリアの活動を抑制してしまいますそれにより、細胞内の情報伝達などの機能が低下し、疲れを感じてしまうのです。難しく感じますが、つまり、ミトコンドリアが足りていないことが、疲労の原因なのです。

2.体質改善するために行う5つの方法

先ほどミトコンドリアが足りていないことが、疲労の原因だということがわかりました。では、疲れにくい体にするためにはどうすれば良いのでしょうか?

ずばり、ミトコンドリアの量を増やせば良いのです。ちなみに、ミトコンドリアはエネルギーが不足している状態に増えます。そこで、ここでは、その特性を活かし、ミトコンドリアを増やすことで体質改善を行う5つの方法を紹介いたします。

疲労が取れると、仕事や生活の質が上がること間違いなしです。早速見ていきましょう。

2-1.食事制限を行う

先ほどミトコンドリアは、エネルギーが不足している状態で増えると伝えました。
そのため、食事制限をして、故意にエネルギーが不足している状態を作ることでミトコンドリアを増やすことができます。
この時に大切なのは、「空腹感」を持たせることです。「空腹感」はミトコンドリアを増やすのに非常に有効です。ですので、疲れが取れないときは、週に2~3日食事制限を行ってみましょう。

また、普段から食事のさいに早食いは控えましょう。
早食いは、ミトコンドリアにかなりの負荷をかけてしまい、ミトコンドリアの質を悪くしてして、働きを鈍らせてしまいます。そのため、無理にエネルギーを作ろうとしてミトコンドリアの働きを抑制する活性酸素ができてしまうからです。

2-2.少しキツイ運動を行う

少しキツイ運動を行うことでも、体のエネルギーが不足している状態を作り出し、ミトコンドリアを増やすことができます。
ちなみに、少しキツイ運動とは、ランニングをしたり、重たいものを持ち上げたりという大変なことではなく、あくまで少しだけキツイことを行います。

NHKさんの「疲れやすい体にサラバ!スタミナUP若返り術」の記事の中では、次のように書いてあります。

「通勤や買い物の合い間に、小まめに1分ずつ早歩きをしたり、エレベーターを使わず階段を上ったりするだけでもスイッチはONになります。」
最近はデスクワークなどで一日のほとんどを座って過ごし、なかなか動かない人が増えていますが、これなら、誰でもできますよね。

また、デスクワークをしている方は、特に姿勢に気を付けてください。
ミトコンドリアは筋肉、特に背中にたくさん含まれています。そのため、日頃から背筋をピンと伸ばして、背中の筋肉を鍛えることで、ミトコンドリアを増やすことができるのです。背筋もピンと伸ばすのも言ってしまえば、少しキツイ運動ですよね。意識しないとついつい猫背になってしまいますので、注意しましょう。

2-3.寒さを感じる

人は、寒さを感じることで、エネルギーが不足していると判断します。
そのため、体がミトコンドリアを増やそうと働きかけます。ただし、寒さを感じろと言っても冬でなければなかなか難しいですよね。

そこで、おすすめの方法がサウナの後に水風呂に入ることです。
この方法であれば、サウナで温められた体を水風呂で冷やすことで、寒さを感じ、体がエネルギーがないと危険だと判断します。
それにより、ミトコンドリアを増やすことができるのです。
水風呂に入ると、体がポカポカした経験があると思います。その症状が、ミトコンドリアが活性化されているサインなのです。
ただ、わざわざ銭湯や温泉に行くのが面倒という方もいると思います。
でも、安心してください。
そのような方には、自宅のお風呂で冷たい水を足元にかけてください。ただ、これらの方法は、ヒートショックと呼ばれる急激な温度の変化により脳梗塞などの大病になる可能性が少ないですがあります。そのため、いきなり水風呂にザブンと入らずに、徐々に水をかけて入るようにしましょう。

2-4.アルコールを控える

みなさんご存知の通り、お酒を飲み過ぎは、肝臓に負担をかけてしまいます。
なぜなら、肝臓がアルコールを分解してアセトアルデヒドを生成しますが、この成分がミトコンドリアを破壊してしまいます。つまり、なるべくアルコールを控えることが、ミトコンドリアを破壊せずに、疲れにくい体を作ることに繋がります。そのため、お酒が好きな方でも最低週に2日は休肝日を作ることをおすすめします。

2-5.電子水を飲む

最後に紹介するのが電子水です。
「電子水って何?」と思われる方もいると思います。

電子水とは、電波によりマイナスの電子(マイナスイオン)を供給した水で、水素水とは異なり、加熱しても効果が持続します。この電子水を飲むことでミトコンドリアを増やすことができます。
その理由については、次の2つのミトコンドリアの役割を理解するとわかります。

①電子でエネルギーを作り出す
②不要な細胞を壊す命令を出す

引用元:「2012.3.7 ホンマでっかTV より「ミトコンドリアを大切にしないと細胞を壊される!?」

ミトコンドリアは、「電子でエネルギーを作り出す」ので、電子水(文字通り電子をたくさん含んだ水)を飲むことでエネルギーを大量に作り出すことが可能です。ちなみに、弊社で簡単に飲料水を電子水に変換する機械を販売しています。「MILACK21 ミラックトゥエンティワン」に弊社の商品の詳細を記載していますので、ご興味がある方はご確認くださいませ。

まとめ

いかがでしたか?
ちなみに、疲労が現れるということは、決して悪いことばかりではありません。なぜなら、体の異常を教えてくれる重要なシグナルだからです。そのため、疲れが現れたらミトコンドリアが足りていないと自覚し、この記事で紹介したことを実践しましょう。
また、普段から疲れにくい体作りを行うためにも早速本日から一つでも実践して、習慣化することをおすすめします。

今すぐ無料で電子水を試してみよう!

まずは超波動電子水の効果を実感してください

無料お試しはこちらから